ニシヤマハルキの、音楽は個人に問う!!!

毎日その日のテーマソングを決めるのが日課です。

秋なのでSUMMERMANを聴きましょう。

 

今日は、大学生で軽音サークルをやってるお客様と音楽の話で盛り上がった。

 

 

 

 

軽音サークルかあ。いいなー。

どうせあれでしょ?合宿とか言っちゃってスタジオ備え付けの所泊まったりするんでしょ?んで夜は先輩にお酒飲まされて潰されちゃうんでしょ???部長はナンバーガールのコピーバンドやってるんでしょ?? 

 

 

 

 

 

 

 

嗚呼、楽しそう。軽音サークル。やってみたかったです。笑

 

 

 

 

 

そんな話はさておき。

 

 

その軽音サークルの彼には、前々からNOT WONK を勧めており、今日いらっしゃって第一声が

 

 

 

 

 

いやーめちゃくちゃよかったっすよーNOTWONK。今度コピーしようかと思ってるんですよー!

 

 

 

 

 

 

 

だなんて言ってくれるもんだから僕はもう嬉しくて仕方がない訳ですよ。笑

 

 

 

 

 

 

 

そんなNOT WONK好きに、やっぱり一緒に聴いていただきたいのが SUMMERMAN というバンド。

 

 

SUMMERMAN - Home Alone - OFFICIAL MV

 

 

脱力系ですね。

ほら、1:03〜の所なんて、めちゃくちゃ楽しそう。

 

 

メロコアバリバリ聴いてた数年前とかは、こういったバンドは全然スルーしてしまっていたのだけど、

今聴くととても心地良い。

 

 

 

このSUMMERMAN、メンバー構成が

ギターボーカル×3

ベース コーラス

ドラム

 

の五人体制。

 

 

ギター3人、ボーカル3人?

 

 

 

そう、あのバンド、FACT  ととても似た体制だ。

 

 

 

(正式に言うとちょっと違うけどそこはまあ笑)

 

 

 

 

FACTと同じ体制のSUMMERMAN。

 

 

 

僕はこの映像の冒頭で演ってる、青春という曲が大好きなのですが、

 

 

僕は裸足のまま駆け出して行くよ

僕らいつも笑って泣いて なんとなく日々を僕ら 過ごしてゆく

 (いま歌詞カードが手元にないので間違ってるかもです。。。)

 

 

 

 

歌詞、これだけ。3分弱の曲で、たった2フレーズの歌詞を歌います。三人のボーカルで。三本のギターで。

 

 

 

歌います。FACTと同じ編成で。

 

 

 

 

 

いや、どっちが良いとか悪いとかの話じゃないっすよ。笑

 

 

 

 

 

潔いなー。大好きですSUMMERMAN。

 

 

これまた元銀杏BOYZベースの安孫子さんのレーベル、kilikilivila のバンド。キリキリヴィラのバンドは僕のツボを突いてくる。